間違った敬語の使い方

間違った敬語の使い方


       大人のためのリアルマナー

              美しい和のこころ

   「大人のためのリアルマナー」では、日常のあらゆるシーンや、冠婚葬祭の時にお役に立つマナーについて    
   ご紹介しています。小さなマナーでも、知っているだけで、きっと人間関係をスムーズにしていけることと思います。
   色々な場面で迷った時、困った時に、このサイトの情報を貴方のマナー手帖として思い出していただければ幸いです。

   スポンサードリンク

 TOPビジネス会話>間違った敬語の使い方

 ビジネス会話

間違った敬語の使い方

間違った言い回し
敬語を使わなくてはと思うあまり、丁寧すぎる言い回しをしてしまう場合があります。
「綺麗なお花でいらっしゃいますね」のように物には敬語は必要ありません。

また、自分の行動や行為に関する言葉にも「お」や「ご」は基本的につけません。
「私は明日お休みします」のように自分自身の行為に「お」は不要です。正しくは
「私は明日休みます」になります。

ただし、自分の行為でも相手にかかわる「お礼」「ご連絡」「ご報告」などはつけて話します。商談の中で先方の関係者に伝言を依頼する時は「お伝えください」ですが、自分の会社の人間に伝えるときは「○○に伝えます」となり、同じ言葉でも状況によって使い分けます。


過剰な二重敬語
同じように丁寧な敬語を使おうと思うあまり、間違ってしまうのが二重敬語です。
相手の行動に「れる」「られる」を使った表現では、動詞に「れる」「られる」をつけるだけでいいのですが、言い換える敬語と二重敬語になりやすいので注意しましょう。

×「ご覧になられましたか」→「ご覧になりましたか」
「ご覧になる」という尊敬語に「られる」がついている二重敬語です。
この場合「られる」をつけるのでしたら、動詞と「られる」で「見られる」になります。

他にも
×「おっしゃられました」→「おっしゃいました」
×「お越しになられました」→「お越しになりました」
×「お召し上がりになられました」→「召し上がりました」
×「お戻りになられますか」→「お戻りになりますか」
×「お帰りになられる」→「お帰りになる」

以上はすべて間違いやすい二重敬語なので気をつけましょう。

役職名
役職名に「○○部長様」などのように「様」をつけるのも間違いです。基本的に役職名そのものが敬称ですから、その上に「様」をつけるのは二重敬語となってしまいます。「様」をつけた表現をしたい場合は、「部長の○○様」と言いましょう。

尊敬語と謙譲語の混同
せっかくの尊敬語も謙譲語と混同してしまうと、失礼な表現になってしまいます。
また、謙譲語で話すべきところに尊敬語が入ってしまうのも、おかしな表現になってしまいます。「れる」「られる」をつけることで、尊敬語になっているつもりになりがちですので、気をつけましょう。

×「お客様が参られました」→「お客様がお見えに(お越しに)なりました」
「参る」は謙譲語ですのでこの表現は間違いです。「られる」をつけることで敬語の
ような錯覚を起こしてしまいますが、間違った使い方です。

他にも
×「そちらでうかがってください」→「そちらでお聞き(お尋ね)ください」
×「○○様でございますね」→「○○様でいらっしゃいますね」
×「資料は拝見されましたか」→「資料はご覧になりましたか」
×「担当者とはお目にかかりましたか」→「担当者とはお会いになりましたか」
×「御社の部長がもうされました」→「御社の部長がおっしゃいました」

尊敬語を台なしにする表現は、上司や目上の人、社外の人には失礼にあたるので気をつけましょう。


 ビジネス敬語 尊敬語

 ビジネス敬語 謙譲語

 ビジネス敬語 丁寧語

 ビジネス クッション語

 会話でのよくある間違い

スポンサードリンク


スポンサードリンク
  冠婚葬祭のマナー
結婚祝い
出産・成長の祝い
お祝い事
葬儀・法事
  おつき合い
お中元・お歳暮
お見舞い
おつき合いのマナー
  ビジネスのマナー
身だしなみ・習慣
電話・FAX・メール
ビジネス会話
ビジネス人間関係
訪問・接客
就職活動の心得
  食事のマナー
和食・洋食・中華
立食・お酒
  着物の着付け
着物・浴衣の着付け
  大人の自己管理
体の臭い
日常の健康管理
  その他
このサイトのご利用上の注意 ご利用上の注意
ご一読下さいませ
自己紹介
プライバシーポリシー
リンク
マナー暮らし

Copyright (C)大人のためのリアルマナーAll Rights Reserved